子宮腺筋症

脊柱管狭窄症と診断された|坐骨神経痛の痛み

出産を機に様々な変化がありました

出産するまでは生理は規則的で、結婚前のブライダルチェックでも異常なく、結婚後すぐに子どもにも恵まれました。
子どもを出産後約半年で生理が再開しました。その頃は、まだ2人目も考えていませんでした。

 

しかし、出産後の生理は出産前のものと全く別ものになってしまいました。
生理前の空腹やイライラ、生理痛の痛み、不正出血など、数ヶ月間様子をみましたが、一向に出産前のような生理に戻らず、病気の心配もあったので婦人科の病院を受診しました。それが33歳の頃でした。

 

そこで、見つかったのが子宮筋腫と卵巣脳腫でした。
子宮筋腫は大きさや場所から経過観察で良いという見解でした。卵巣脳腫も経過観察で問題無かったので現在も継続中です。
薬も不要でホルモンバランスの乱れが原因ということでした。

 

しかし、気になったのは今後の妊娠でした。
これから30代後半になるにつれて流産やダウン症のリスクや自然妊娠が難しくなったりということもあり、先生に相談しました。

 

その頃は、健康な人とリスクは変わらないと言われましたが、なかなか2人目の妊娠ができない現状です。
子宮筋腫や生理の変化は原因にならないと言われていても気がかりなところです。

 

また、自分の体調や気分の変化を察知して市販で購入できる漢方の加味逍遥散を飲むこともあります。
自分の不安定な気分は旦那や子どもに伝わったり八つ当たりになってはいけないと思っているので、おかしいなと感じたら飲むようにしています。

 

気持ちが落ち着けば、生理痛の痛みも少し楽にもなります。
心身ともに落ち着きストレスを感じないことで、妊娠の可能性も広げればよいなと思っています。
子宮腺筋症でも妊娠・出産!育児ママのブログ 手術しないで症状を改善

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る